Stephen Shore: Survey

Aperture, 2014

Stephen Shore(スティーブン・ショア)


スティーブン・ショア(1947-)は、シリアス・カラー写真を代表する米国人写真家です。何気ない地方都市のアメリカン・シーンをカラーで撮影した「American Surfaces」や、「Uncommon Places」などの名作があり、幅広い世代の写真家やアーティストに多大な影響を与えています。

本書は彼の40年以上のキャリアを初めて本格的に振り返るもの。2014年秋にスペイン・マドリッドのFundacion MAPFREで開催された回顧展の際に刊行されました。英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語の5か国で国際出版され、英語版はアパチャー財団から刊行されています。
本書では、1969~2013年までの一連の作品を網羅しています。収録されているのは、"Early works"、"Reflections on the snapshot"、"Uncommon Places and Road Trip Journal"、"Landscapes"、"The black and white decade"、"Print on demand"、"Ukraine"、"Winslow Arizona"、など。専門家らによる示唆に富んだ作品解説や、写真家の詳細なバイオグラフィーと参考文献も収録。
彼のキャリア展開と写真史における評価を知るために最適な写真集です。

ハードカバー: 320ページ、サイズ2.5 x 30.5 x 22.9 cm、
約250点以上の図版を収録。

スティーブン・ショア プロフィール