Stephen Shore: Uncommon Places: The Complete Works

Aperture; Expanded版, 2015

Stephen Shore(スティーブン・ショア)


スティーヴン・ショア(1947-)は、70年代はじめから当時は商業写真でしか使用されていなかったカラー写真による作品制作に取り組みます。地方都市の何気ない風景を大型カメラとネガカラーで客観的な視点で撮影した作品は、アメリカ原風景の残り香を感じられることから幅広い層に支持されます。
同シリーズは、1975年にライトギャラリーの個展で発表。1976年には近作を加えた35点によりニューヨーク近代美術館で個展を開催しています。

そして1982年に刊行されたのが"Uncommon Places"のオリジナル版です。彼の一連の作品は、カラーによる巨大風景作品を制作するアンドレアス・グルスキートーマス・シュトゥルートなどの現代アート系作家にも多大な影響を与えています。
2004年には未発表作を含む約140点を収録した完全版"Uncommon Places: The Complete Works"が発売され、長きにわたりフォトブックの定番ベストセラーとなります。

本書は未発表作約20点が追加された完全版の再版。定番シリーズの拡大判発表の意味を作家が語ったステーツメントも収録されています。ハードカバー: 207ページ、サイズ 26.9 x 33.5 x 2.5 cm、約176点のカラー図版を収録。

スティーブン・ショア プロフィール