Björk

Museum of Modern Art; Pck Slp Pa版, 2015

Björk(著)


ビョーク(Björk、1965-)は、アイスランド出身の歌手、作曲家です。音楽、ヴィデオ、映画、ファッション、アートなどで世界中の多くの世代に影響を与えている現代のアイコンです。

本書は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で2015年春に始まった、サウンド、映像、楽器、オブジェ、衣装などを通して彼女の20年以上のキャリアを回顧する「Björk」展に際して刊行されたカタログ。アート界で様々な評価の意見が交わされている、いまニューヨークで話題の展覧会です。
全体で4冊のブックレット、パーパーバック、ポスターの6パートで構成。ブックレットには、彼女の主要7アルバムとそれぞれのために作り上げられたキャラクターを紹介するとともに、MoMAキュレーターのクラウス・ビーゼンバック(Klaus Biesenbach)、ニューヨーカー誌の音楽評論家アレックス・ロス(Alex Ross)、音楽学教授二コラ・ディベン(Nicola Dibben)、哲学者ティモシー・モルトン(Timothy Morton)のテキストが収録されています。ポスターには、ビョークのアルバムとシングルからのアート作品が紹介。アレキサンダー・マックイーン、フセイン・チャラヤンなどのデザイナーの衣装をまとう彼女の姿は、ナン・ゴールディン、ヨーガン・テラー、ステファン・セドナウイ、イネス・ ヴァン・ラムスウィールド&ヴィノード・ マタディン、荒木経惟などのスター写真家により撮影されています。ミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)やスパイク・ジョーンズ(Spike Jonze)などが監督したライブ映像のスティール写真も収録。ブック・デザインは評判の高いデザイン・ユニットのM/Mパリが担当しています。

ペーパーバック: 192ページ、サイズ 28.7 x 24.6 x 3.6 cm、
約224点の図版を収録。