Anton Corbijn: 1-2-3-4

Prestel, 2015

Anton Corbijin(アントン・コービン)


アントン・コービン(1955-)は、オランダ出身の写真家、映画監督です。現代文化の代表人物たちの、パーソナルな視点で撮影されたポートレート写真の草分け的な存在として知られています。彼は、1970~1980年代に、アルバム・カヴァーや雑誌の為に撮られたU2、マイルス・デイヴィス、デビット・ボウイなどのモノクロ写真で名声を得ます。それらの作品は写真集"Famouz"(1989年、Schirmer/Mosel刊)にまとめられています。
映画では、"The American"(2010年)、"A Most Wanted Man"(2014年)、"Life"(2015年)などを監督しています。

本書は、音楽界との関係から展開していった、コービンの1970年代から現在までのキャリアを振り返るものです。コービンは、自らが強い思い入れを持つロック音楽に対して、本書を通して敬意を払っているのです。過去約40年を振り返り、彼とミュージシャンたちとの親しい関係性の中から生まれたオフビートで創造性豊かな写真が満載されています。
彼のアーカイブスにはほとんどの業界で深く尊敬されているミュージシャンやバンドが含まれています。それらは、ニック・ケイヴ、ニルヴァーナ、U2、R.E.M.、ザ・ローリングストーンズ、スージー・アンド・ザ・バンシーズ などです。また、ジョー・コッカー、デペッシュ・モードの未発表作も含まれています。

ハードカバー352ページ。サイズ 5.1 x 24.8 x 29.8 cm、
カラー13点・モノクロ287点を収録。