Bruce Davidson:
Nature of Los Angeles 2008-2013

Steidl, 2015

Bruce Davidson(ブルース・デビッドソン)


本書は"Bruce Davidson: Los Angeles 1964"と同時にシュタイデル社(Steidl)により刊行されました。ともにブルース・デビットソン(1933-)がロサンゼルスを撮影した作品をまとめたフォトブックです。
本作には、デビットソンがロサンゼルスを2008~2013年にかけて撮影した作品を収録。彼は、西海岸のエキゾチックな自然環境と人々の生活との関係性を探求しています。"交通、富、貧困、暴力と、他の都市現象は、勇壮な植物の生命に圧倒されています。そして、野火が猛威を振るった後に山麓の丘の木は再生します。植物の生命力と、それに対する人間の敬意なしで、ロサンゼルスは意味のないただの広大な砂漠です。"とデビットソンは語っています。
本書では、大方の大都市と同じように、美しさと普通の状況が混在しているロサンゼルスの状況をモノクロで表現しています。

ハードカバー: 68ページ、サイズ 29.5 x 29.7 x 1.5 cm、
モノクロ図版約30点を収録。

ブルース・デビッドソン プロフィール