Henri Cartier-Bresson and
the Artless Art

Bulfinch, 1996

Henri Cartier-Bresson(アンリ・カルティエ=ブレッソン)


60年以上のキャリアの中でカルチェ=ブレッソンはアメリカ、パリ、日本、インド、イラク、メキシコなどで作品を撮影してきました。その膨大な作品の中から彼自身と著作者のモンティエ氏が協力して新たにセレクションした写真集です。代表作とともに編集の過程で再発見されたイメージも収録されています。また珍しい絵画、スケッチも一部収録されています。
テキスト部分も充実しており、初期から現在に至るまでのキャリアの伝記的、歴史的分析を行い、禅やシュールリアリズムの影響を受けたその発想を洞察しています。フォトジャーナリズムとしてだけでなく、彼のキャリアと全作品を初めての真剣に評価していると評判の高い1冊です。
フランス版は1995年に"L'art sans art d'Henri Cartier Bresson"のタイトルで出版 されています。

カルティエ=ブレッソン プロフィール