Tim Walker Pictures

Te Neues Pub Group; Alternate版, 2015

Tim Walker(ティム・ウォーカー)


ティム・ウォーカー(1970-)は、ロンドンをベースに活躍する英国人ファッション写真家。彼の念入りに作り上げられた、ロマンチックかつ無邪気な雰囲気に満ち溢れた非日常的な写真世界は、創造的かつ装飾的だと高く評価されています。彼のヴィジュアルは、ファッション界に大きな影響力を与えており、ヴォーグ、ハーパース・バザー、Wなどのファッション誌で仕事を行う一方、コム・デ・ギャルソンやギャップの広告キャンペーンを手がけています。写真史的には、セシル・ビートンやデビット・ラチャペルの流れを踏襲していると言われおり、作品はロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館、ナショナル・ポートレート・ギャラリーでコレクションされています。
2008年に、ロンドンのデザイン美術館で個展「TIM WALKER - PICTURES」を開催。同展カタログは瞬く間にコレクターズ・アイテムになるとともに、続いて刊行された"Pictures"は全世界で約4万部を売るベストセラーとなります。

本書は、いまや絶版の"Pictures"の待望の新版です。サイズが若干小さくなり、お求めやすい販売価格となっています。代表作品のほかに、貴重なスケッチ、コンタクト・シート、ポラロイドなども収録。彼の発想から実践までを幅広く網羅し、ファッション・ヴィジュアルが誕生する複雑な過程を紹介しています。

ハードカバー 368ページ、サイズ 約25.4 x 2.8 x 32.5 cm、
約268点の図版を収録しています。

ティム・ウォーカー プロフィール