The End of the Game
(Special Edition)

Taschen America Llc; Anniversary, Limited版, 2015

Peter Beard(ピーター・ビアード)


ピーター・ビアード(1938-2020)は、米国出身のアーティストです。写真家、冒険家、作家、日記を欠かさないダイアリストとしても知られる多彩な人物です。環境問題をテーマにした、写真コラージュとドローイングによる作品や日記は世界各地のギャラリー、美術館で広く展示、コレクションされています。

ビアードの代表作は、1965年に刊行された"ジ・エンド・オブ・ザ・ゲーム"。彼は、1964年から1965年にかけてケニヤのツァヴォ国立公園で乱獲されるアフリカ像の屍を記録し続け、白人探検家やハンター入植によるアフリカの環境変化を伝えようとします。モンバサ鉄道開通から始まる乱獲されるアフリカ像の歴史的写真数百点と文献を駆使し、アフリカの複雑で入り組んだ人間と動物の過去、現在、未来像のドキュメントを試みています。同書は、その後も改訂を重ねながら常に多くの人たちに問題を投げかけ影響を与えてきました。

本書は、この歴史的なフォトブックの50周年記念版。世界的に環境破壊が進む中、50年を経過した現在でも多くの人の共感を呼び起こす内容です。改定された序文は、国際的に有名な小説家、紀行作家のポール・セロー(Paul Theroux)が担当しています。
ハードカバー: 282ページ、限定5000部、サイズ 32 x 28.2 x 4.3 cm、
多数の図版を収録。

ピーター・ビアード プロフィール