The New West: Landscapes Along the Colorado Front Range

Steidl, 2016

Robert Adams(ロバート・アダムス)


ロバート・アダムス(1937-)の名作フォトブック"The New West"が美しい本作りで知られるドイツのシュタイデル(Steidl)から再版されました。
オリジナル判は1974年のColorado Associated University Press。その後、2000年Walther Konig、2008年Apertureから再版されています。過去の再版はいずれも人気が高く完売しています。

アダムスは"The New West"で、かつてフロンティアだった場所ではなく、高速道路、ドライブイン、モバイルホーム、ショッピングモールなどが立ち並び郊外化した新しい西部をミニマムなスタイルで撮影。アメリカ文化と社会を写真で探求した、ロバート・フランクの"The Americans"(1958年)、ウォーカー・エバンスの"American Photographs"(1938年)らと並ぶ優れたプロジェクトだと認められます。1975年には、ジョージイーストマンハウスで行われた「ニュー・トポグラフィックス-人が変えた風景の写真」展に選ばれ、アンセル・アダムスなどの従来の雄大な自然を美化する風景写真に革命をもたらします。現在では写真分野というより、現代アート系風景写真の流れの中で高く評価されています。
ハードカバー: 136ページ、サイズ 25.9 x 1.9 x 23.4 cm、 新たなスキャニングで制作されたモノクロ図版56点を収録。

ロバート・アダムス プロフィール