Stoppers: Photographs from My Life at Vogue

Harry N. Abrams, 2016

Phyllis Posnick(著)


本書は、ヴォーグ誌エクゼクティブ・ファッション・エディターを1987年から勤めるピュリス・ポゾニック(Phyllis Posnick)によるアンソロジー系のフォトブック。彼女は、ビューティー&ヘルス関連のエディトリアル・ページや有名パーソナリティーのアイコン的なポートレート写真の制作で知られています。本書を通して、読者は彼女が手掛けたそれぞれのエディトリアル・ページの背景にある創作力、複雑な制作過程やコラボレーションを垣間見ることができるでしょう。
"stopper"とはヴォーグ誌の伝説的なアート・ディレクターのアレクサンダー・リーバーマンがアーヴィング・ペンの写真を表現したもの。彼の写真を見た人は、その際立った魅力で急に立ち止まらされる、という意味です。ここではペンと同様の複数の写真家の挑発的で時に衝撃的なヴィジュアル作品がコレクションされています。
収録されているのは、アントン・コービン、スティーブン・クライン、パトリック・デマルシェリエ、アニー・リーボビッツ、ヘルムート・ニュートン、アービング・ペン、ティム・ウォーカー、マリオ・テスティノ、ブルース・ウェバーなどです。序文は、有名なヴォーグ誌米国版の編集長アナ・ウィンターが担当。

ハードカバー: 256ページ、サイズ 26 x 2.9 x 31.8 cm、
約200点の図版を収録。