William Eggleston:
The Democratic Forest: Selected Works

David Zwirner Inc, 2016

William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)


ウィリアム・エグルストン(1939-)は、"シリアス・カラー写真の父"と呼べている現代アメリカを代表する写真家です。彼は80年代に撮影した作品を1989年に"The Democratic Forest" (Doubleday刊)として発表しています。このシリーズは、彼の民主的なヴィジョンを示唆しています。彼は高尚な主題に対するのと同様の複雑さと重要性をもって、非常にありふれたものにも取り組むのです。"その他よりも多少なりとも重要な特定の主題など存在しない"と彼は語っています。

ドイツの出版社シュタイデル(Steidl)は、2010年代にエグルストンの過去の作品群を再評価する出版活動を開始します。2015年には、この"The Democratic Forest"シリーズから約1000点以上がセレクションされた10分冊の豪華本が刊行されています。
本書では、このエグルストンの代表プロジェクトの中から特別な作品68点をセレクション。2016年秋にニューヨークのギャラリーDavid Zwirnerで開催された写真展の際に刊行されています。

ハードカバー: 150ページ、サイズ 30.2 x 1.8 x 31.5 cm、
約68点の図版を収録。

ウィリアム・エグルストン プロフィール