Magnum Photobook: The Catalogue Raisonne

Phaidon Press, 2016

Carole Naggar(著), Fred Ritchin(著)


マグナム・フォトは1947年に、ロバート・キャパ、アンリ・カルチェ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デヴィッド・シーモアらにより設立された国際的写真家グループです。本書は、マグナム創設70年を記念して刊行されたもの。数々の歴史的写真作品を生んだ所属写真家による約1000冊の代表的フォトブックを通してマグナムの歴史を振り返っています。
紹介されるフォトブックは、ロバート・キャパの"Death in the Making" (1938年刊)から、マイケル・クリストファー・ブラウンの"Libyan Sugar" (2016年刊)までが含まれます。紹介文はFred Ritchin、テキストはCarole Naggarが担当。フォトブックとドキュメント写真の歴史におけるマグナムの果たした重要な役割を探求しています。またマグナム・アーカイブの写真資料を駆使して、アンリ・カルチェ=ブレッソンの" The Decisive Moment"(1952年刊)など歴史的名作が生まれた背景を多方面から紹介。本書は、フォトブック初版のカバ―写真、内容ページのセレクション、再版の情報、サイズ、テキスト執筆者などが詳しく記載されているコレクター向けの本格的ガイドブックです。

ハードカバー: 272ページ、サイズ 22.2 x 2.9 x 29.8 cm、
多数の図版を収録。