Arbus Friedlander Winogrand:
New Documents, 1967

Museum of Modern Art, 2017

Diane Arbus(ダイアン・アーバス)
Lee Friedlander(リー・フリードランダー)
Garry Winogrand(ゲイリー・ウィノグランド)


1967年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のジョン・シャーカフスキーは、60年代以降にドキュメント写真の新たな可能性を探求してきた、ダイアン・アーバス(1923-1971)、リー・フリードランダー(1934-)、ゲイリー・ウィノグランド (1928-1984) の若手写真家3人による展覧会"New Documents"を企画開催しました。当時は全く無名だったものの、いまやこの3名は写真史において高い実績を上げた写真家として広く知られています。シャーカフスキーは"過去10年くらいの間、新世代の写真家たちはパーソナルな視点でドキュメンタリー写真に取り組んできました。彼らの写真の目的はこの世を変革することではなく、それを感じ取ることなのです"と語っています。
20世紀写真の大きな変化を提示したとして、同展の評価は年月を重ねるごとに高まります。しかし残念ながら、今日に至るまで内容を紹介する出版物はありませんでした。

本書は同展開催50周年を記念して刊行された待望のカタログです。3名の写真家による出品作94点、シャーカフスキーによる当時展示されたテキスト、プレスリリース、展示風景などの多数の貴重な資料が収録されています。エッセーは、1967年に同展をレビューした評論家のマックス・コズロフ(Max Kozloff)と、MoMAキュレーターのサラ・ハーマンソン・マイスター(Sarah Hermanson Meister)が担当。展覧会とその受け取られ方を評することで、写真界での長きにわたる影響を探求しています。

ハードカバー: 168ページ、サイズ 23.6 x 2 x 27.4 cm、
約147点の図版を収録。

ダイアン・アーバス プロフィール
リー・フリードランダー プロフィール
ゲイリー・ウィノグランド プロフィール