Fan Ho: Hong Kong Yesterday

Modernbook Editions, 2017

Fan Ho(ファン・ホ


ファン・ホ(1931-2016)は、中国の上海出身の写真家・映画監督・俳優です。彼のモノクロ作品は東のアンリ・カルチェ=ブレッソンとも評されています。
1949年に香港に移住、その後はオールドセントラルやストリート、路地、スラム、マーケットなどを撮影するようになります。1枚の完璧な写真のために、同じ場所に何カ月も通い続けたそうです。ときには、埃っぽい空気の中を太陽光線が注ぐ中で、日々の生活に追われながら人々が急いでいる瞬間などを撮影。1950~60年代の香港の作品群は、都市の精神を見事に表現しているとともに、ノスタルジックな当時のドキュメントです。それらは、抽象的かつヒューマニズム的だとも言われています。
1956年以来、長きに渡るキャリアを通じて約280を超える賞を授賞。1958から1965年にかけて、アメリカ写真協会(Photographic Society of America)が選ぶ"世界のトップ写真家10人"にも選出されています。
その後は映画界に進出。俳優として活躍した後に監督に転向し、35年の映画界でのキャリアで複数の作品を制作しています。
キャリア後期には再び写真に取り組み、最新の写真技術を駆使して過去のフィルムから新たな作品を生み出してきました。

本書はファン・ホによる20世紀中期の香港のモノクロ作品をコレクションしたもの。カバー作品は代表作の"Approaching Shadow, 1954"。香港のクイーンズカレッジの壁面で従妹にポーズをとらせて撮影しました。

ハードカバー: 111ページ、サイズ 1.9 x 24.8 x 27.9 cm、
約70点のモノクロ作品を収録。