■Artist's Story■
リゼット・モデル
MODEL, Lisette
1901-1983



"Lisette Model"


"Portraits, Arbus, Model, Stromholm"


 


リゼット・モデル(1901-1983)はウィーン出身。父親の死後家族はパリに移り住んでいます。若いときはピアノ、声楽などを学んでいますが1933年頃にアートに転向し、絵画、写真に取り組むようになります。写真は科学分野の写真家になった妹のオルガやアンドレ・ケルテスの最初の妻だった友人の写真家ロジ・アンドレに学んでいます。この時期は、ニースでレジャーを楽しむ金持ちの姿をユーモアをこめて撮影したり、パリのストリートで、ホームレス、貧民、盲人などに、憐れみを持ってカメラを向けていました。1937年、パリでロシア移民の抽象画家イブサ・モデルと結婚。その後欧州の政情不安の高まりから1938年にニューヨークに移住します。

彼女の作品は当時アートの新分野であった写真界で脚光を浴びます。1940年にラルフ・スタイナーが注目し、アレクセイ・ブロドヴィッチやニューヨーク近代美術館の新設された写真部門のキュレーター、バーモント・ニューホールに紹介されます。作品2点が直ぐにコレクションされ、同館の部門設立記念写真展でも展示されています。
40年代前半にはフォト・リーグという、写真で社会を変えようとするグループと付き合います。この時期、ウィージーとの関係が深まり、一緒に作品を展示したり、撮影を行っています。 彼女の作家としての評価は次第に高まり、1943年にシカゴ美術館で個展開催、1949年にはニューヨーク近代美術館の巡回展"Leading Photographers"にも選出されています。 しかし、作家の成功とは裏腹に金銭的には決して楽ではなかったといわれています。
1941年ころからファッション雑誌ハーパース・バザーとの関係が深まり、1946年までは同誌で集中的に仕事を行っています。 編集長カーメル・スノーとブロドビッチは彼女に在り来たりのファッションを撮らせるのではなく、作家性を生かした写真を求めました。 コニー・アイランドで撮影された巨大な水着女性のイメージは彼女の最も有名な作品です。しかし当時はまだ保守的な空気の強く、 彼女の作品は強烈すぎて掲載されなかったケースも数多くあったそうです。その後、1951年まで同誌の仕事を断続的に行っています。

彼女の興味を持つようなグロテスクで奇抜な被写体の写真は、アメリカ人の見たくない部分や社会の矛盾を暴きだすことでもありました。 その流れは50年代後半からの、ロバート・フランクの写真集「アメリカ人」やウィリアム・クラインの写真集「ニューヨーク」へと展開していくのです。彼女はまさにその先駆者だったのです。

リゼット・モデルは写真教育者としても有名です。1949年からサンフランシスコのカリフォルニア美術大学で教鞭を執ります。 1951年からは、ニュー・スクール・フォー・ソシアル・リサーチでフルタイムの教授として働く一方、自宅でもプライベート・クラスを持っていました。 その後、教えることに忙しく、作品数は減りますが、次世代の写真家に多大な影響を与えています。 特に生徒だったダイアン・アーバスとは彼女の死まで良好な関係が続きます。 あのブルース・ウェバーも若いときにアーバスに紹介され彼女のクラスに参加しています。


当社は出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している、写真集等の販売価格、割引率、在庫等の 情報は記事作成時点でのもので、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

アーティスト(フォトグラファー)ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2007 Blitz International All rights reserved