■Artist's Story■
ティム・ウォーカー
WALKER, Tim
1970-


"Picturs"


"Story Teller "


"The Last Explorer"


"Tim Walker
Pictures"


"I Love Pictures!"


"Tim Walker"

 


ティム・ウォーカー(1970-)は英国のサリー州生まれ。子供時代から地元を歩き回り写真を撮影していたとのこと。 ロンドンのコンデナスト社が行ったセシル・ビートンのアーカイブ立ち上げ時に仕事として写真と関わります。 それに刺激を受けて、1991年から1994年にかけてオックスフォードのExeter Art Collegeで写真を学びました。
1994年にはインディペンデント紙主催の若手の写真家コンテストで3位に入賞。その後、1995年から1996年にかけニューヨークで、リチャード・アヴェドンのフルタイムのアシスタントを勤めています。
彼の本格的な写真家キャリアは25歳のときに行ったヴォーグ英国版のファッション撮影から始まります。
1997年以降は、英国、米国、日本、イタリア版のヴォーグ誌やハーパース・バザー、W、IDで仕事を行っています。広告キャンペーンでは、コムデギャルソン、ヨージ・ヤマモト、バーニーズなどを手がけています。

彼はパーソナルで特異なヴィジョンを追求し、ロマンチックで無邪気な雰囲気に満ち溢れた非日常的世界を作り上げています。モデルに実際には着られない様な服を着せ、世界中の特色ある場所を選んで制作されるイメージは、通常のファッション写真とはかけ離れています。 服やモデルでさえも彼の作り上げる物語性と独自の雰囲気を持つ世界の一部なのです。そのイメージ制作は複雑で手間がかかっており、最終案までのシナリオは苦心して詳細に練り上げられていくそうです。彼は夢のようなイメージを実際のロケーションで作り上げるために、多くのスタッフを引きつれ世界中を旅しています。

現在では最も成功し影響力のあるファッション写真家の一人と評価されており、スティーブン・マイゼル、ヨーガン・テラー、ニック・ナイトと比べられることもあります。
2007年秋にはドイツ・ハノーバーのKestnergesellschaftで約100作品を展示する初個展を開催しています。


当社は出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している、写真集等の販売価格、割引率、在庫等の 情報は記事作成時点でのもので、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

アーティスト(フォトグラファー)ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2007-2015 Blitz International All rights reserved