■Artist's Story■
アーヴィング・ペン
PENN, Irving
1917-2009


"Centennial


"Beyond Beauty"


"Irving Penn
Portraits "


"Small Trades"


"Platinum Print"


"A Notebook
At Random"


"Photographs
of Dahomey"


"Earthly Bodies:
Irving Penn's Nudes, 1949-50 "


"Still Life"


"A Career in Photography"

 


アーヴィング・ペンは1917年米国ニュージャージー生まれです。1930年代後半フィラデルフィア美術大学でハーパース・バザーのアートディレクターとして有名なアレクセイ・ブロドビッチに学びました。
ハーパース・バザーにイラストが採用され、その原稿料でローライフレックスカメラを購入し写真撮影を開始しました。その後1940年からサックス・フィフス・アベニューのグラフィック・アーティストとしてブロドビッチと共に働きました。しかしペンの本当の興味は絵画とドローイングで、画家を目指し1942年にはメキシコに渡っています。
帰国後の1943年にアレクサンダー・リーバーマンに請われてヴォーグ誌で働くようになります。表紙デザインのアイデアを提案しますが、当時の有名写真家に相手にされず、リーバーマンの提案でペン自身が撮影するようになります。偉大な写真家の経歴はこの様に始まりました。リーバーマンはペンのメキシコ滞在時や米国内旅行のコンタクト写真を見ていて、すでにペンの才能を見抜いていたのです。

その後1947年にトップ・モデルのリサ・フォンサグリーブスと結婚。特に1950年のパリ・コレクションの写真はペンのファッション写真の頂点として高く評価されています。彼は単純な背景と北側からの間接光によるニュートラルな明るさを好みました。彼のファッション、そしてポートレートも自然光を強調するために人工光線を使うテクニックを取り入れました。当時としては斬新で、後のファッション写真に多大な影響を与えました。

ペンのイメージが受け入れられたのは時代的な背景もあります。大戦が終了して世の中の価値観が変化しました。ファッション誌の読者も裕福な階級の婦人から若い働く女性になってきたのです。しかしファッション写真はいまだヨーロッパ的な戦前の保守的イメージから脱する事ができていなかったのです。 ペンそしてハーパース・バザーのリチャード・アベドンの作り出すイメージは戦後の新しいアメリカ女性の理想のスタイルが提供されていたのです。

ファッション以外にもペルー、ネパール、モロッコなど世界中を旅行して各地の個性的な民族の写真を仮設スタジオ内の単純な背景で撮影しています。民族衣装や部族の特殊な化粧にファッション性を見出した写真はヴォーグ誌でも紹介され、新しいスタイルのファッション写真として高い評価を得ました。一連の作品は写真集 "Worlds in a Small Room"(Viking,1974刊)にまとめられています。

ペンはその後アート志向を強め、ファッションやポートレートと同じアプローチで煙草の吸い殻や、ゴミを巨大なプラチナプリントで制作しています。普段私たち全く関心を示さない何気ない題材に、静謐な美と質感を作り出すペンのアプローチは現代美術のミニマリズムに通じるものがあります。

ペンの代表シリーズのひとつにポートレートがあります。彼はロンドン、パリ、ニューヨークで職人や労働者を、20世紀初頭のドイツの写真家アウグスト・ザンダーに影響を受けたかのようなスタイルで撮影しています。また上記のように、世界各地を旅して同じスタイルでユニークな衣装を纏った部族も撮っています。 ザンダーとペンの写真の違いはその背景です。ザンダーは労働者が仕事をしている場所で撮影しています。一方、ペンはすべて簡素な背景幕の前で仕事を行っています。ザンダーの意図は当時のモデルの労働者の社会的な存在を示す事でした。 しかしペンは背景を簡略することで衣装そのものを際立たせようとしたのです。ペンにとってその人物の社会的存在はまったく関心なく、 衣装があって彼らが初めて存在するのです。つまり彼はファッション写真のアプローチで色々な格好をした労働者や民族を撮影したのです。

一方、ペンは欧米の膨大な数の著名人のポートレート写真を撮影しています。これらは無名の労働者のポートレートと異なり有名人自身の顔が中心になっています。つまりこの場合は個人の顔自体に知名度があることから、ペンは彼らがどんな洋服を着ていてもまったく関心がないのです。 ファッションが個人を特徴づけるメディアだと理解すれば、有名人は顔自身が既に特徴を持っていて、着るもので個性を出す必要は稀薄であるということです。 そのように解釈すれば有名人ポートレート写真も彼にとってはファッション写真の一部なのです。 アーヴィング・ペンの偉大さはファッション写真を洋服を撮影するメディアから、さらに社会、文化をも解釈できるものにしたことといわれています。

現在、彼の作品は世界中の美術館でコレクションされています。1984年、ニューヨーク近代美術館で回顧展"Irving Penn"が行われて、同展はその後12ヶ国の15美術館を巡回しています。 その後、ペンのヴィンテージプリントや資料がシカゴ美術館に寄贈され、1997年に同館で"Irving Penn: Career in photography"が開催。同展は、1999年に東京都写真美術館に巡回しています。

彼のオリジナル・プリントは80年代はまだ数千ドルで購入できました。しかし90年代以降にファッション写真がアートと認識され、 その作家性が再評価され作品価格は大きく上昇していきます。 特に2000年以降は、彼のイコン的な代表作品はややバブル化します。オークションでの最高額落札は2008年春のクリスティーズNYに記録されています。 1971年にプリントされた貴重なプラチナ・プリントの代表作品"Cuzco Children,1948"が落札予想を大きく上回り、約52.9万ドル(約5819万円)で落札されています。

1992年に最愛の婦人を亡くして気分が落ち込んでいた時期もありますが、その後も積極的に作品制作を行うようになります。過去と同じテーマに何度も挑戦しますが二番煎じのものはなく、常に新たな世界を展開させていました。
2009年10月7日朝マンハッタンの自宅で亡くなりました。享年92歳でした。


当社は出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している、写真集等の販売価格、割引率、在庫等の 情報は記事作成時点でのもので、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

アーティスト(フォトグラファー)ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2000-2017 Blitz International All rights reserved