■Artist's Story■
マリオ・テスティーノ
TESTINO, Mario
1954-




"Mario Testino:
In Your Face"


"Mario Testino: Private View"


"Kate Moss
by Mario Testino"


"Kate Moss
by Mario Testino"
(Collector's Edition)


"Rio De Janeiro"


"Mario Testino"


"Let Me In"


"PORTRAITS"


"Alive"


"Party"


"Front Row Back Stage"


"Any Objections?"

 


マリオ・テスティーノは1954年ペルーのリマ生まれです。1970年代後半、20代のときにロンドンに移住、ほとんど独学で写真を学びファッション写真家を目指します。 下積みで長い間腕を磨き、90年代に入りついに彼の写真スタイルが時代に受け入れられるようになります。

「オレの写真はオレの目だ、見たいものしか見ないし、それしか撮影しない」と公言するテスティーノの情念を感じさせるイメージは、時に優美にまた挑戦的に私たちを楽しませてくれます。 スーパーモデル・ブームでモデル重視に傾いた90年前後のファッション写真界を彼は再びイメージ重視の実力のある写真家中心に変えていきました。

グッチ、ヴェルサーチ、ミッソーニの一連のファッションキャンペーンの成功で一躍、時代の最先端のファッションイメージをクールに表現する写真家と 評価されるようになりました。最近では、バーバリーのキャンペーンを手がけています。特にヴァニティー・フェアー誌1997年7月号に収録された故ダイアナ妃の写真は 彼女のリラックスし、親しみやすさを捉えた最高の写真と高く評価されています。

1998年の処女写真集"Any Objestions?"から"Front Row Back Stage"、"Alive" と主に未発表のプライベート作品をまとめた写真集を立て続けに発表する一方で、アート雑誌Visionaireの編集にも携わっています。

現在はロンドンをベースにヴォーグ、ヴァニティー・フェアー、GQなど、欧米の有名ファッション誌の仕事で世界中を飛び回る一方、トップブランドの広告を数多く手がけています。 またヴィクトリア&アルバート、ナショナル・ポートレート・ギャラリー(ロンドン)など世界中の有名美術館、ギャラリーで積極的に個展も開催。2004年には東京都写真美術館で写真展を開催しています。


当社は出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している、写真集等の販売価格、割引率、在庫等の 情報は記事作成時点でのもので、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

アーティスト(フォトグラファー)ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2000-2013 Blitz International All rights reserved