■Artist's Story■
ユージェーヌ・アジェ
ATGET, Eugene
1857-1927




Books on Books #1
Eugene Atget: Photographe de Paris


Eugene Atget:
Unknown Paris


Eugene Atget: Trees


Berenice Abbott &
Eugene Atget


"Atget :
Paris in Detail"


"ATGET"

 


アジェは1857年フランス南西地方ボルドー近郊のドリブルヌ生まれです。 馬車製造職人の家に生まれた彼は幼くして両親を亡くします。
水夫を経験後パリの国立演劇学校で学び、役者などの職を経験した後にデッサンや絵を描くようになります。写真は1888年頃から撮影を開始したと言われています。

30年以上に渡って商業写真家であった彼はまず画家やイラストレーターが絵に使用する資料用写真を撮影し販売しました。彼の顧客にはマン・レイ、ドラン、 ユトリロ、フジタなどがいたそうです。
世紀が変る中、特に消えかかる19世紀の雰囲気が残る風景やパリの職人、商人の生活を中心に撮影しました。やがて、古いパリを体系的に記録するプログラムを 生み出します。彼は街の構成要素のすべてを丹念に写し、記念建造物、ベルサイユなどのパリ郊外の公園、ルーブル美術館の展示室を撮影しています。
プリントやネガは個人以外にフランス国立図書館、パリ市歴史図書館などにも販売しています。1920年までに国家が彼のネガ2621枚を買い上げています。

1920年代に超現実主義のアーティストが関心を示し、 マン・レイが雑誌“La Revolution Surrealiste(超現実主義革命)”にアジェの 写真を取り上げます。しかし美的な価値よりも記録の集積に価値を置いていたアジェは考え方の違いを感じ、作者名を公表させませんでした。

死の直前の1925年、マン・レイに写真を習っていた若い米国人アーティストのベレニス・アボットと出合い、彼女はアジェの写真に熱狂します。アボットは自身が撮影した老いたアジェの写真とともにその後彼を世界中に紹介することになります。

助手や弟子もなく、作品展示もせず、当時流行の写真クラブにも属さなかったアジェは放浪者同然の流しの写真家であったという伝説すら誕生しています。1927年に亡くなったときは全く無名でしたが、その作品は多くの後世の写真家に影響を与えることになります。彼の死後、アボットはフランス政府が1920年以降に購入した2000点のネガを除く残りすべて約1300点のアジェのネガ、ポジ、アルバムを購入します。その後、コレクションは 1968年ニューヨーク近代美術館が購入し世界唯一のコレクションを形成しています。


当社は出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している、写真集等の販売価格、割引率、在庫等の 情報は記事作成時点でのもので、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

アーティスト(フォトグラファー)ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2000-2009 Blitz International All rights reserved