■Artist's Story■
ユーサフ・カーシュ
KARSH, Yousuf
1908-2002




"Yousuf Karsh"

 


カーシュは2002年7月13日、ボストンで亡くなりました。93歳でした。 彼は民族運動に揺れるアルメニアから写真家だった叔父の住むカナダに移り住んでいます。 元々は医師志望でしたが、 ボストンでポートレート写真家ジョン・ガロに師事した後、 1932年にオタワで彼自身の写真スタジオを開設しています。 最初の仕事はアマチュア劇団の舞台撮影でした。

1941年に雑誌ライフの表紙を飾ったウィンストン・チャーチルの写真で一躍有名になります。 チャーチルが口にした葉巻を奪い取って、その不快な一瞬の反応をとらえたという有名な逸話はいまやカーシュの伝説の一部です。
それがきっかけでカナダ政府は彼を英国に派遣し、各界の著名人のポートレートを撮影させます。それ以来、 12人のアメリカ大統領をはじめエリザベス女王、パブロ・ピカソ、ジョージオ・オキーフ、アーネスト・ヘミングウェイなど 世界中のあらゆる分野の人々のポートレート撮影をするようになります。

彼は被写体が生活している環境での撮影を好み、世界中を160キロもの撮影器材とともに旅しました。 8X10の大型ビューカメラを使用し、綿密に計算されたライティング、セッティング、ポーズで撮影されるポートレートは 濃厚な影と光が強調され、高いヴィジュアルの完成度を持っていました。自身が語るように写真を通して“見る人の感情を揺さぶり” 被写体の“内なる魂に秘められた真実をありのままにする” ことを目指していた結果がカーシュの劇的なポートレートなのです。


当社は出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している、写真集等の販売価格、割引率、在庫等の 情報は記事作成時点でのもので、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

アーティスト(フォトグラファー)ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2002-2004 Blitz International All rights reserved