写真が誕生して約170年。欧米では、写真はいまや絵画や版画同様にアート作品として認識されており、美術館や個人が積極的にコレクションしています。写真専門のオークションも欧米各都市で年間を通じて定期的に開催されています。
日本では、写真は趣味で撮影するものと一般的に考えられていますが、ここにきてやっとコレクションする人が増えてきました。アート写真は、日本ではオリジナル・プリントと呼ばれています。いまのところ、売れているのは海外市場で認められた作家が中心ですが、若手の日本人写真家に注目するコレクターも見られるようになりました。
はじめてアート写真を買うときには、作家名、適正価格、サイズ、保存方法など、いろいろな疑問点があると思います。 アート・フォト・サイトのコレクターズガイドは、アート写真のコレクションを始めたいと考えている方に基本的なノウハウや、海外の相場情報を提供するカテゴリーです。是非ご参考になさってください。

最新情報(BLOG)

"エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー" ポートレート写真のアート性と投資価値

アート写真コレクション
中長期投資の可能性は?

シンプル系とライフスタイル系
展示空間によるアート写真の違いを知る

コレクションの基礎(5)
エステート・プリントの資産価値

コレクションの基礎(4)
資産価値を持つ写真作品の見分け方

コレクションの基礎(3)
インテリア向け写真作品の現状

コレクションの基礎(2)
資産価値はどのように決まるのか

コレクションの基礎(1)
資産価値を持つアート写真とは

アート・オークション情報(BLOG) 

エドワード・スタイケンのヴィンテージプリントが1184万ドルで落札! 故ポール・アレン・コレクション・オークション

ドロシア・ラングのヴィンテージプリントが高額落札, NY中堅業者のアート写真オークションレビュー

2022年秋ニューヨーク写真オークションレビュー 外部環境の悪化により市況が悪化

2022年春/パリ・ロンドン・オークションレビュー 停滞する欧州/回復傾向の英国市場

マン・レイ名作が1千2百万ドルで落札! 写真のオークション史上最高落札額更新

2022年春ニューヨーク写真オークションレヴュー
高額セクターに相場調整の気配

リチャード・ギア写真コレクション・セール クリスティーズでオンライン開催

アンセル・アダムスの単独オークション サザビーズ・ニューヨークで開催!

2021年アート写真オークション・レビュー 現代アート系で300万ドル超えの落札が続出

2021年秋/ロンドン・パリ アート写真オークションレビュー


2021年秋ニューヨーク写真オークション 写真NFT作品の高額落札で市場が騒然


2021年前期の市場を振り返る
アート写真のオークション高額落札


市場動向アーカイブ

欧米アート写真オークションを1999年からフォローしています。
2012年以降はブログに掲載